快適に一人暮らしができる賃貸の条件とは?

収納スペースの広さと機能性

アパートを始めとした賃貸物件は大きく単身者向けとファミリー向けの2種類に分かれています。単身者向けは文字通り1人での生活を想定した構造となっているため、設備を始めとした様々な点がコンパクトになっているのが特徴です。単身者向けの賃貸物件探しではチェックすべき点がいくつかありますが、重要でありながら見落としがちになる場所の一つに収納があります。収納とは文字通り日常生活で頻繁に使わない物を仕舞っておくスペースのことです。前述したように単身者向け賃貸物件は設備がコンパクト設計なので収納も狭く作られている場合があります。内見をする時は必ず収納の数と中の広さ、使い勝手について確認をしておかなくてはいけません。

音漏れや外の喧騒をチェックする

ファミリー向けと単身者向け賃貸物件の大きな違いに部屋数があります。ファミリー向けは複数人での生活を想定して部屋がいくつか用意されているのに対して単身者向けは大半がワンルーム構造です。部屋数が複数ある場合、生活の拠点を自由に決めることができるので、隣人の生活音や外の喧騒が気になる場合も柔軟に対応できます。一方でワンルームは文字通り部屋が一つしかないため対処ができません。賃貸物件である以上、許可なくリフォームはできないので我慢をする羽目になります。リラックスできる空間であるはずの自宅が、騒音の影響でストレスを溜める場所になるという失敗例は少なくありません。賃貸物件を探す時は間取りはもちろん、生活の中で耳に入ってくる音についてチェックをすることが大切です。